スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
いよいよ、空の上へ。



(今日は写真が結構多いです~)



今回のこのロングフライトはフランス人ファミリー4名、

USAファミリー3名、USA1名、そして私たち日本人2名の参加者でした。



キャプテンから諸注意を聞き、いざ空の旅へっっ!!!





最初はふわりと地味に浮かんでいく。


だんだんと地上が遠くなり、木にぶつかりそうになったりしながら



ホントにスーっと想像より早い速度で浮かんでいきました。


P1060684.jpg


P1060686.jpg


だいぶ高くなってきました。

他社のバルーンも続々と飛び立っていきます。

この時間はカッパドキアの旅行者はみんなここにいるんじゃないか、

と錯覚してしまうくらい。

P1060687.jpg



朝陽が昇る前のローズバレー。
P1060688.jpg


P1060690.jpg


高くなったり低くなったり、

無数のバルーンがカッパドキアの大地を彩ります。

P1060692.jpg



ローズバレーの奥から朝陽が昇りなんとも幻想的。

P1060697.jpg


P1060698.jpg


P1060699.jpg


次第に陽が昇り、暑くなってくる。

バーナーの暑さに、太陽の暑さ、結構暑いぞ^^;

P1060709.jpg


P1060710.jpg



地上でもなんとも不思議な土地でしたが

上から見るとまたさらに不思議な地形をしていました。




近くを飛ぶバルーンと接近!

手を触れるくらいの近さにビックリ!!


こういうのもまた楽しい^^

P1060714.jpg



上下しながらも、結構な距離を移動していると思われます。

気づくと違う景色。

P1060716.jpg


さすがに、このくらいの高さだとちょっと怖い^^;

P1060718.jpg


また地上近くに戻ってきて・・・


この影は私たちです

P1060720.jpg


P1060722.jpg


着陸してるんじゃないんですよ~、

上下して岩と岩の間に入ったり、なかなか楽しかった。

P1060723.jpg



短いフライトの人たちは着陸し始めました。

P1060727.jpg


着陸方法に度肝を抜かれました(笑)


だんだんと高度を下げ、車の荷台目指して着陸。

下からロープで誘導はしているものの、その正確さにビックリ!

地面に直接着陸するのかと思ってたのに、

私たちも着陸時には・・・あぁするんだ(笑)

P1060730.jpg



完全に陽が昇りました。

遠くに見えるのはウチヒサル。

P1060733.jpg

P1060734.jpg


P1060735.jpg


いよいよ着陸。ロープが垂らされ、誘導の人が引っ張りはじめました。

P1060737.jpg


巧みな技術?により無事車の荷台に着陸!!


そのまま車の荷台のカゴの中で少し移動。。。


多少衝撃はあったものの、全員無事でした♪



1時間半のロングフライト。


狭い場所でずっと立ちっぱなしっていうのは結構腰にきました


でも、本当に素晴らしい体験でした。


気球ってすごい!!地球ってすごいっ!!


カッパドキアを訪れたならとにかく、一度は乗って欲しいです。



最後はシャンパン(をオレンジジュースで割ったもの)でみんなで乾杯~

写真は私たちの気球のキャプテン。


最初離陸した時にバルーン会社のカメラマンが撮ってくれた

写真の中でいいものがあったので記念に1枚購入。$5でした。


P1060742.jpg





P1060746.jpg


IMG_8348.jpg


IMG_8331.jpg



ランキング参加中

人気blogランキングへ
トルコ 2010 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。