スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

景福宮(キョンボックン)

2010/07/25 Sun 15:10

朝食後ホテルからタクシーで景福宮へ。


景福宮とは・・・

朝鮮時代(1392~1910)の正宮、景福宮(キョンボックン)は

韓国を代表する古宮のうちのひとつ。開国時に建てられ、

王が生活をしながら、臣下と政治の議論を交わしていた。

その後も多くの宮殿が建てられたが、

これほど壮大な規模を誇っているものは他にはない。

韓国を代表する名園、慶会楼(キョンフェル)と香園池(ヒャンウォンジ)が

そのままの姿で残っており、四季折々の姿が美しい。中にある多くの建物と

周りの景色がよく調和して、韓国らしい姿を映し出している。




入場料3.000W(約240円)を支払い、

日本語のガイドレコーダー2.000W(約160円)でレンタル。

74 (15)


これ、すごくて白い機械の先の尖がっているところを

黒い番号のところに当てると、その建物のガイドが始まります!

ハイテク!すご~い♪日本にもこういうの外国人向けにあるのかな



興礼門前広場
74 (13)


74 (16)

74 (14)


10時~16時の間の毎時00分に守門将の交代儀式が見られます。


私たちも入る前に11時からの交代式を見学。


太鼓の音を響かせて、脇からザッザッと交代の守門将がやってきました。

74 (17)

74 (18)

74_20100725142611.jpg

74 (1)

交代を終え、役目を終えた守門将が戻るところ。
74 (2)



中はかなり広くて、見て回るのには結構な時間がかかります。

こちらは勤政殿
74 (3)

74 (4)

国家行事などが行われた場所だそう。


横から見るとこんな感じ。
74 (5)



建物も華やかな装飾がキレイでした。
74 (6)

74 (7)


74 (8)


74 (9)


74 (12)


服装によって違う役割?を説明しています。
74 (10)




74 (11)




ランキング参加中

人気blogランキングへ

韓国 2009 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。