スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

横浜トリエンナーレ 2008

2008/11/22 Sat 11:34

今年、3回目を迎えた横浜トリエンナーレ


テーマに基づき世界25カ国・地域より72名の作家が参加する
横浜を取り込んだ大規模な「現代アートの祭典」


今年のテーマは 「TIME CREVASSE」


今回は 新港ピア日本郵船海岸通倉庫、そして横浜赤レンガ倉庫1号館
の3箇所しか回れませんでした。

(横浜市の中に会場が7つに分かれているんです)



こちらは新港ピア
トリエンナーレ (9)


今回いちばん好きな作品 ネズミとクマ

トリエンナーレ (17)

左のクマ、寝ているんですがお腹が人が本当に寝ているときのように
膨らんだりへこんだりしているんです。すごく可愛くて癒されましたうふ


トリエンナーレ (8)

クマ。
トリエンナーレ (7)



これもなんか可愛かった。

トリエンナーレ

トリエンナーレ (1)


どれもテーマのタイムクレバスとどう関係しているか分からないけど
なんか可愛らしくて個人的に好きでした^^



トリエンナーレ (6)


見ざる、言わざる、聞かざる だったかな。
トリエンナーレ (5)

トリエンナーレ (4)

トリエンナーレ (3)

トリエンナーレ (2)



いつも思うけどアートってやっぱり難しい。どうとるかはその人次第だけど
どう受け取っていいのかまだ分からない。。。^^;(笑)

トリエンナーレ (10)




ランキング参加中

人気blogランキングへ
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
横浜トリエンナーレ 2008
すてきですね!
センスがいいねえ!

わたしも、クマさんやネズミがいいなあ。

現代アートでも、
わけのわからないのは苦手だけど、
こういうのはわたしも好きです♪
michyさん

ほんと現代アートってさまざまで
正直、理解不能っていう作品が多いですよね^^;

michyさんもクマとネズミ、気にいりました?^^
お腹が上下に動いて本当に寝ているかのようで
すごく可愛かったです♪


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。